ローマ世界6 帝国の滅亡

  さて、首都ローマでは相変わらず贅沢三昧な暮らしが続けられています。一方、帝国の国境周辺で命をかけて戦っている人々は、はるか遠くのローマでふんぞり返っている皇帝なんか当てにならず、自分たちと寝食をともにし、一緒に戦ってくれる、現場の大将のほうを当てにするようになります。   193年、兵士たちの推薦で、アフリカ出身のセプティミウス=…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more